以前タイタンダッシュに乗っていてどういう時に乗り換えたかの情報を共有します。

エンジンの載せ替えを検討したりもしてましたが、水冷エンジンだった為エンジンオイルに冷却水が混じるようになった時です。

30〜40km走ると冷却水不足の警告が出て頻繁に路肩に止めてペットボトルに貯めておいた水を入れていました。

その都度、補水すればよかったのかもしれないですが配送業務の効率を考えると、やはりその都度停止し水を補充して・・・となると回数にもよりますが明らかに効率が悪いです。特に長距離の運行になると。

でも、冷却水不足の状態で運行を継続してしまうとオーバーヒートやエンジンの焼きつきなどなどエンジン絡みのトラブルが起きて運行できなくなるので危険です。

特に、夏季の運行時は辛かったですね。それだけタイタンダッシュを酷使していたのかも知れないですが・・・

そもそも、冷却水不足で水を補充したまま運行してるとエンジンの内部にサビが出来てエンジン停止につながったり、冷却水が凍結したりして新たな問題を発生する危険性もあるので

頻繁に冷却水不足になる場合は予備の冷却水を常に常備しておくか、エンジンの載せ替えを検討するなどの処理が急務です。

なので、このままこのタイタンダッシュで運行してると危険だなと判断し新しいトラックに乗り換えする事を決めました。

なかなか、高価に買取してくれる業者が見つからなかったですがネットで調べてやっといい方法を見つけて、無事タイタンダッシュを高価に買取してもらえました。

タイタンダッシュが高く売れたおかげで少しグレードの高いタイタンダッシュに乗り換えることが出来てよかったと思っています。