三菱ふそう キャンター 買取りトラック 買取り 三菱ふそう キャンター

 

三菱ふそうキャンター売却の買取で一番高く売る方法はコチラをクリック

 

 

三菱ふそうキャンター売却の買取で一番高く売る方法!!

・三菱ふそうキャンターをどうせ売却して売るなら買取を少しでも高く売りたい!!
・キャンターを査定に出してみたけどキャンター売却の買取価格に納得がいかなかった・・・
・どの業者がキャンター売却で買取価格を一番高く売れるか調べたいけどどうやって調べたら・・・

 

トラック 買取り 三菱ふそう キャンター

 

三菱ふそうキャンターの売却が必要で三菱ふそうキャンターの買取について悩んでいませんか??? 

三菱ふそうキャンター買取で悩んでいるあなたにコソッと教えちゃいます♪

 

三菱ふそう キャンター トラック 買取り

shita-yajirushi-aka

 

 

三菱ふそうキャンターの買取で一番高く売る方法はコチラをクリック

 

 

三菱ふそうキャンター買取関連情報

 
全長 全幅 全高 最大積載量 燃費消費量
4690mm 1695mm 1985~1990mm 2000 10.60~10.88

三菱ふそう キャンター 買取り

 

三菱ふそうキャンター買取相場価格情報

※2015/07 時点

トラック買取業者相場価格
平均相場 最高額 最低額
130,1万円 2,850,000円 55,000円
トラック買取ネット業者相場価格
平均相場 最高額 最低額
134,8万円 2,749,000円 60,000円
トラック買取オークション相場価格
平均相場 最高額 最低額
135,2万円 2,500,000円 85,000円

 

キャンターの買取価格の実例紹介

  キャンター形式 年式 走行距離 キャンター買取価格

三菱ふそうキャンターPA-FE83DEY 2006年 132100km 270万円

キャンター 低床 DX 2003年 10〜11万km 940,000円

キャンター SA 2006年 37〜38万km 763,000円

キャンター ダンプ 低床 DX 2002年 13〜14万km 1,490,000円

キャンター ローダーダンプ 1994年 15〜16万km 1,535,000円

キャンター ロングワイド 2015年 1万km 2,274,000円

キャンター 冷凍車 2006年 52〜53万km 775,000円

キャンター ダンプ 低床 2015年 1万km 2,335,000円

キャンター (ベースグレード) 2004年 5〜6万km 1,183,000円

キャンター (ベースグレード) 2010年 2〜3万km 2,238,000円

 

 三菱ふそうキャンターの買取相場価格情報メモ

三菱ふそうキャンターは主に東南アジア系各国で国産トラックの中古車が大変人気で今市場が熱いです。なのどこよりも三菱ふそうキャンターを高く売る方法として、ネット上の買取業者に依頼し多くの見積もりを手に入れその中から取捨選択し、最終的にどこの業者に売却すべきかを判断するのが1番です。

それは何故かと言うと、一括査定サービスはまた別ですがインターネット上で活動している三菱ふそうキャンターの買取業者は、東南アジア各国を含む海外への中古三菱ふそうキャンターの販売ルートが独自にあり、数多くの販売需要を持っているため国内需要以上の販売市場がある為、三菱ふそうキャンターの買取額が必然と高くなります。

三菱ふそうキャンターの買取を希望しているけど査定額に納得がいかない等お悩みであれば、三菱ふそうキャンターを一番高く売る方法を試してみてください。

少し手間がかかりますが、その分高く三菱ふそうキャンターを売却できるのでおすすめですよ。

 

三菱ふそうキャンターの買取で一番高く売る方法はコチラをクリック

 

三菱ふそうキャンター売却でオークション買取を利用するメリットデメリット

三菱ふそう キャンター 買取 売却 オークション
三菱ふそうキャンターは工場やスーパーマーケット、輸送業者などでも広く利用されており、個人の利用者も多い人気のモデルです。

そのため、オークションで販売しても十分買い手がつきやすく、買取業者に依頼する場合よりも価格が高く設定されることも多いです。

出来る限り高く買い取ってもらいたい場合、業者への査定も検討に入れてオークションも考えておくと良いでしょう。

特に便利なのがネットオークションで、ヤフオクなどは車両も販売できるので、かなり便利です。車両だけでなく、パーツやメンテナンス道具一式も一緒に売れるので、余計なものも一気に買い取ってもらえるでしょう。

ただし、気をつけるべきなのはその手続きです。書類の用意や買い手との交渉などを全て自身でやらなければいけないので、その負担は覚悟しておきましょう。

また、買取や売却の経験がないと手際が悪くなってしまい、買い手の希望する条件を受けられなくなってしまうこともあるため、知識面、書類などで注意が必要になります。

地域が全く異なる場合には輸送費用も含めて考える必要があり、雑費が色々と係る分の金額を売り手か買い手かどちらがもつのか相談する必要もあります。

三菱ふそうキャンターの売却で個人売買を検討する場合のメリットデメリット

三菱ふそう キャンター 個人売買

 

オークションのデメリットを省いた場合は個人売買というスタイルを選ぶことになります。オークションのように広く買い手を募りつつ、買い手が決まったら結局は個人売買をしていくことになります。

この場合、買い手の予算にもよりますが、相場の金額を把握していない場合も多いため、一般的な価格での売却が可能になります。

特に買取業者は安く買い取って相場で得る場合が多いため、その分の利益分も手にすることができます。個人売買はいわゆる卸売業者を介さないような感覚での販売なため、金額もそれなりに魅力的になるでしょう。

三菱ふそうキャンターの中古車価格の相場は約180万円で、走行距離や年式によって多少変化します。それでも中古車として買取業者に販売するよりは高く買い取ってもらえる可能性が高いのが個人売買なので検討してみても良いでしょう。

もちろんオークションと同様、輸送費用や書類手続きなどは売り手でなんとかしないといけない場合も多いため、十分な準備が必要になります。

同じ市町村内や都道府県内ならばまだ輸送費用は節約できますが、遠方へ持って行く場合にはその車両が通過できる道についてのリサーチもあるため大変です。

個人売買も工夫した取引が必要になります。

三菱ふそうキャンター売却で海外輸出を利用する場合のメリットデメリット

三菱ふそう キャンター 海外輸出

三菱ふそうキャンターの2tトラックくらいであれば海外輸出も検討できます。フェリーでの輸送もぎりぎり可能なので、金額負担もある程度は減らせるでしょう。

日本国内よりも為替レートや日本製は高品質ということもあって価格は多少売り手に有利に働く場合があります。あえてドルで支払ってもらうようにすると、為替レートの関係で、日本円に直す時に10%から20%ほど金額が増すことになります。

ですが、輸送費用と海外への売却に必要な書類を調べつつ用意しないといけない負担もあり、海外とのやり取りということで言葉の壁も存在します。

それらをクリアできる条件が揃っているならば、海外売却を検討してみるのも良いでしょう。取引とは別に為替で利益が出せるのはかなり魅力的です。

英語が使えればまだ希望がありますが、英語圏以外の現地の言葉が理解できないとなると手続きはかなり難しいでしょう。

また、こうした取引は関税がかかるので、その分の金額をどちらがもつか検討すると良いでしょう。手続きは難しく思えますが、海外のほうが手続きはゆるい場合もあるため、国によっては取引がしやすいかもしれません。

国や地域の情勢に詳しい方に頼りながら海外輸出を進めていくのがよいでしょう。

 

三菱ふそうキャンターの売却の為の買取で一番おすすめな方法は?

三菱ふそうキャンターを確実に高く売る方法

海外輸出もオークション・個人売買も価格面での魅力は十分ありますが、どれも手続きの負担や交渉、取引の難しさが大きくなります。

書類などは特に忘れているものがあるとトラック運用にも大きな影響が出るため、お互いのためにミスしないように注意する必要があります。

そのため、安全かつ確実に三菱ふそうキャンターを売却するには、トラック専門の買取業者を頼ったほうが良いでしょう。

少しでも高く買い取ってもらうために時間を作って現地で査定してもらうだけの負担で良いので、仕事の時間を減らすこともなくすべてをトラック専門の買取業者さんに任せられます。

買い手探しも任せておけば良いだけなので、素早くトラックを手放して資金を確保したい場合は何よりもトラック専門買取業者を頼るのが一番です。

時間が十分にある場合も長期間トラック売買に関する取引にかかるようだと、車両の管理費用やメンテナンス費用もかかってきてしまうので、負担がその分増えてしまいます。

さらに、車検やメンテナンス等も買取業者がやってくれるため、個人売買をするよりは負担が大幅に減らせるでしょう。金額面でそこまで不満がないようならば買取業者に依頼してスムーズに買取を進める事をおすすめします。

 

三菱ふそうキャンターの買取で一番高く売る方法はコチラをクリック

 

三菱ふそうキャンターKK-FE71CBDの売却買取情報

三菱ふそうキャンターの【KK-FE71CBD】は見た目もシンプルで一般的にイメージされる軽トラックやダンプのイメージに合うデザインです。目立ったロゴが無くなってシンプルになり、前後左右から見てもこれまでの三菱ふそうキャンターの特徴が減って、個性的になっています。平ボディやウイング、冷蔵冷凍車にも利用でき、2t・3tトラックとしてはとても用途の広い車両です。年式は2003年と比較的新しく、中古車としての人気もかなり高いモデルです。今でも現役で活躍しており、過去のモデルと互換性があるパーツもあり、運用上のメリットもあります。

操作性や視認性はかなり工夫されていますが、まだ前方の確認をする際に視野を邪魔するパーツがあります。それでも左右や前方自体は見えやすいので最低限の安全性と操作性は確保されています。ドアの真下にタイヤがあるため、若干揺れが大きく感じてしまいますが、積み荷にはあまり影響がないので、荷物を守って運搬しなければいけない事業所では重宝するでしょう。サイドミラーやワイパーが邪魔で目視確認しにくい場合もあるので、自身の座高や身長に合わせて調整してから乗車しましょう。

エアバッグ搭載やETCをつけて運用できるため、比較的自由にカスタマイズできるモデルです。中古車では150万円〜200万円程度で購入でき、10万km走行しているものでも割りとスムーズに稼働してくれます。特に、農作業や軽度の商品の運搬などに利用するには最適で運用上の負担が大幅に軽減できるでしょう。高齢者でも操作できるようにクラッチなどはかなり軽めに設定されているので、女性でも操作が可能なはずです。どんな現場にでも応用できる軽トラックとしておすすめです。買取市場でも比較的取引が多いモデルのため売却はしやすいです。少しでも高く売るために当サイトの情報を利用して下さい。

三菱ふそうキャンターFE71DB(D)の売却買取情報

型式【FE71DB(D)】は4M50-T型のエンジンを搭載し、類似モデルの中では積載量も比較的大きい車両で4tトラックとして知られていることが多いです。積み台を変えれば積載容量も変化するので、最も燃費が良い運搬量を計算して調整してしまうのもよいでしょう。この型式は車両の保証期間が延長されたこともあり、品質には少し不安が残りますが、メンテナンス情報も多く残っているので安心して事業所で導入できます。年式も平成18年頃とかなり最近のモデルなので新しく買い換える方や新車を検討している方には最適です。

操作性は十分よく、ハンドルが若干重たいですが、逆に安定感があり、余計なブレを減らしてくれています。ウインカーの音も聞こえるため、騒音でうるさい工事現場などでも稼働しやすいでしょう。パワフルなエンジンを搭載しているため、坂道や下り坂でも積み荷を守ることができます。しかし、あまりタイヤ幅がないので、ぬかるみや濡れている路面では稼働しないほうが安全です。エアバッグやエアコン、ラジオも基本は標準搭載なので快適な操作が実現します。

燃費はこのクラスの平均とも言える10km/l程度を維持していますが、中古車や運用状況によってはやはり6km/l程度と考えたほうが良さそうです。タイヤなども寒冷地では燃費を悪くさせてしまう要因なので積載量や車体重量にも考慮してより安全に低コストに運用できるようにしましょう。ダンプとしても利用できる幅広さがあり、工事現場でも引っ越しにも仕入れや販売にも利用できるでしょう。それぞれの現場に合わせて荷台も工夫すればより利用範囲が広くなります。比較的高値で取引される場合も多いです。キャンターの売却はタイミングも重要ですがどの業者に査定を依頼するかも重要なファクターです。少しでもキャンターを高く売るには当サイトの情報が有効ですよ。

 

三菱ふそうキャンターKK-FE71EBDの売却買取情報

三菱ふそうキャンターの2tダンプ【KK-FE71EBD】は、土砂の運搬や工事現場での運搬に適した車両で、新車でも中古車でも人気が高いモデルです。環境性能もよく、二酸化炭素や窒素酸化物の排出がかなり削減されています。車両の外装は色を変更できるので会社のカラーに合わせて選ぶことができます。かなりパワフルなダンプなので農業でも活用でき、農業機械の運搬や牽引、肥料や土の運搬でもかなり役立ってくれます。タイヤの位置やタイヤの幅も考慮されており、少しでも荷台に揺れが生じないように工夫されています。デザインもシンプルで分かりやすく、乗り降りしやすいデザインになっています。

このモデルは左右の窓枠が少し小さいので目視での側方確認がしにくい車両です。現場では後方確認も遅れてしまうので、基本的には窓は全開で周囲の音が聞こえるように動かすほうが良さそうです。市街地を走行するのは容易ですが、狭い道を走る際には軽自動車や普通乗用車よりも長い車体なので感覚が異なります。内輪差や巻き込みに十分注意できるよう、サイドミラーを活用して走行できるような訓練をしたほうが安全性がアップします。

環境性能では排気ガスに含まれる二酸化炭素や窒素酸化物の量が大幅に減らされています。九都県指定の低公害車としても知られており、騒音対策もできているのでISO取得を目指している事業所にも導入をおすすめできる車両です。環境を危険にさらすカドミウムや水銀も含まれていないので廃棄するときにも汚染はほとんど生じません。海外で利用されている例も出てきており、その信頼はとても厚いものとなっています。農作業をする場合には特に排気ガスは作物にちょっとした影響を与えてしまうので安全に利用できるのはとてもよいでしょう。こちらのモデルは売買も多いため売却のための買取価格は安価な場合が多いです。でも、キャンターを高く売却する方法はあるので参考にしてみてください。

三菱ふそうキャンターBKG-FE72Bの売却買取情報

三菱ふそうキャンターの【BKG-FE72B】は、2t軽トラックとして有名で全低床デザインで安定した運用が可能です。若干ボディは長いですが、一般道であれば十分安全に利用できます。多少後方確認がしにくいので、側方から確認できるように習慣づけておくとよいでしょう。シングルキャブとダブルキャブがあり、ダブルキャブは操作感覚がかなり異なるので気をつけましょう。排気量は約3Lで乗車定員は3人、ビジネス利用を考えるならば十分現場で活躍してくれます。クラッチは5速まであり、行動では基本的に3速まで使えれば良いのでマニュアル操作に慣れていなくても良いです。

過去、リコールされたこともありますが、システム上の不具合は寒冷地など一部の場合にしか発生しないので運用計画内に寒冷地がある場合は事前に十分メンテナンスをしておき、リスクを回避しておきましょう。環境性能は十分魅力的で年式も新しいため免税や減税の対象車になっています。経営にかかる費用を節約できるので、コストカットを考えている方にもおすすめの車両です。

2tトラックでも常に積載量が大きいとどうしてもクラッチやベルトの劣化が出てしまうので、メンテナンスはこまめに行いましょう。燃費は平均9km/lですが、うまく運用できれば10km/l程度まで改善できることもあります。寒冷地でよほど無理な運用をしない限りは運用に影響するほどの悪い燃費にはならないのでエンジン性能はかなり期待できます。キャブ内の空間には若干余裕もあり、操作性も高く、環境性能でも期待できるので多くの事業所でおすすめです。車両のコストカットを求めて購入を検討する業者が多く、比較的高価で取引されることも多いです。

三菱ふそうキャンターFE72Cの売却買取情報

三菱ふそうキャンターのFE72Cは、類似モデルのFE73Cなどとエアフィルターを共有できるので買い替えにも適している車両です。FE70Cから買い替えを検討している方にも最適で、環境性能など若干のモデルチェンジがあります。操作性もよく、しっかりクラッチ操作にもついてきてくれ、ハンドルの取り回しもしやすいです。排気量は約4.2Lと多めでパワーも期待でき、積載量ギリギリまで積み込んでも活躍してくれます。冷蔵冷凍車としても利用でき、平ボディやバンにもできるスグレモノで、事業向けの高品質なトラックといえるでしょう。比較的、三菱ふそうキャンターFE72Cは個人事業主よりも輸送事業の法人に人気のモデルです。なので、三菱ふそうキャンターFE72Cの中古車が複数台購入される場合があり価格相場は変動しやすいです。そのため、個人売買やオークションを利用するよりも平均の三菱ふそうキャンターFE72C買取価格が高めのトラック専門買取業者に査定を依頼するのがおすすめです。

乗車定員は3名、エンジンは4D33を採用し、三菱ふそうキャンターらしい直列4気筒エンジンを利用しています。2WDで、坂道でギリギリの積み込みは危険なので運用計画が重要になります。最低限、安全性は維持できますが、ぬかるみには弱いので雨の日や畑、農地での作業には注意が必要です。安定性は良いですが、低床ではないので急カーブや高速走行時には気をつけましょう。積み荷を高く積み上げないことも重要です。積載可能量は4t〜4.5tで、事業で利用するには十分な量ですが、燃費を考えると多くても3t程度にしておくほうが良いです。

エアコンやラジオも利用できますが、慎重な作業をする時にはエアコンを切って余計な電力を失わないようにしたほうが細かい挙動がしやすくなります。また、ライトの強さに影響することもあるので十分注意して運用しましょう。操作はしやすいですが、若干視認性が良くないので、天候が悪化している時には危険な場所での作業はしないほうが良いです。多少制限がついてしまうトラックですが、平常時には現場で大いに活躍してくれるのでよく工夫して活用していきましょう。工事現場や建設現場で活躍するモデルなので安価に取引されていますが、需要は多いので買取価格は交渉次第です。当サイトの情報を有効活用してください。

 

三菱ふそうキャンターPDG-FE72Dの売却買取情報

三菱ふそうキャンターPDG-FE72Dは、平成21年頃の年式モデルでかなり新しいトラックです。最近になって利用されていますが、環境性能はそれほど大きく変化したわけではなく、常に二酸化炭素や窒素酸化物の10%削減を維持しています。3tトラックとしてクレーンが付いている場合が多いモデルで、簡単な牽引作業などにも利用されます。車両の運搬や牽引、農作業で利用されることもあるので、意外と現場では働き者の車両です。エンジンは4M50で市街地で見かけるのは赤色や青色のクレーンを載せた車両です。人の手では運び込めないような重たいものを積み込めるので利用用途も工事現場や作業現場に多いです。

クレーン稼働中にはエアコン等は動かさないなどちょっとした工夫が必要で、重すぎるものを持ち上げる際にも注意が必要です。クレーンよりも大きな場合にはトラック自身が倒れこむので危険です。林業など大きな丸太や木材を運搬する際には意外と効率的に運用できるでしょう。斜面ではクレーンは使いにくいのでトラックの操作よりもクレーンの操作に注意が必要になるでしょう。ある程度操作に慣れている方が利用したほうが作業効率がアップします。排気量は4.9Lでパワフルですが、重量が大きいのでぬかるみなどには注意が必要です。

このモデルは操作性は良くハンドルやクラッチ操作はし易いですが、後方確認がしにくいため、バックする際には協力者がいたほうが良いでしょう。クレーンなども含めれば一般的な軽トラックと比べると重量が違うので事故が起きれば大惨事になる可能性が高いです。大きな段差がある時には揺れも大きくなって機材に影響が出るので注意が必要です。クレーンと併用する場合には平ボディが多いですが、それぞれの事業所に合わせて工夫して利用することをおすすめします。安価に取引されることが多いです。価格交渉次第ですが、キャンターを高く売る方法はありますよ。

三菱ふそうキャンターKK-FE72Eの売却買取情報

三菱ふそうキャンターからリリースされている【KK-FE72E】は、2002年から2004年の年式で比較的新しいモデルとして知られており、総排気量5.2Lでパワーも十分ある車両です。2WDで若干不安もありますが、あまりにも急な斜面でない限りは馬力でカバーしてくれるので損失はあまりありません。使用しているエンジンは4M51で三菱ふそうキャンターの中でも性能が期待されているタイプの強いエンジンです。積載量も4t〜4.5tほどと余裕が十分あるので、車両の運搬や土砂、木材、建築物資の運搬にも利用することができます。

操作性についてはやはり大きいトラックに載っているという感覚が大きく、少し慣れていないうちは怯えてしまうかもしれません。後方確認がしにくく、軽自動車や普通乗用車に比べて視点がかなり高くなるので感覚が全く異なります。5速ミッション、直列4気筒エンジンとスペックは十分ですが、バックミラーやサイドミラーなどには十分配慮して安全に操作できるようにしましょう。ブレーキが遅れるとそれだけ危険も生じてしまうので早めにスピードを落とす操作が重要になります。

環境性能では、二酸化炭素や窒素酸化物などを10%近く削減しており、免税や減税対象の車両として魅力的です。燃費も8km/l程度は維持できることもあり、コストダウンには最適です。経営面でも税金対策ができ、運用面でもコストカットできるので、そのメリットは非常に大きいです。環境にやさしい車両なので、農業で活用する場合にも抵抗なく応用できるでしょう。林業に用いる場合でも排気ガスが少なく低公害車として認定されているので、事業車としては十分魅力的でお勧めです。農業をされている方達が安く中古トラックとして三菱ふそうKK-FE72Eを求める場合がおおいです。そのため比較的安価に取引されやすいモデルではありますが、それでも高く売却する方法はありますよ。まずは査定に出してみてください。 

 

三菱ふそうキャンターFE73Bの売却買取情報

三菱ふそうキャンターの【FE73B】は、環境性能が良い車両として知られており、平成17年の環境基準を満たしており、排気ガスなどから出る汚染物質を10%低減しています。そのため、免税や減税の対象にもなっており、環境負荷がかなり改善されています。ISO取得を目指す場合にも最適で、新規導入を目指している事業所や既に環境規格を得ている場合には重要なポイントになります。燃費もよく運用上のメリットは単純なコストカット以外にも節税や環境への配慮もあるので非常におすすめです。ひとつ前のモデルとの互換性もあるので、現場ではパーツやエアフィルターなどを共有して利用でき、少しでも負担を減らすことができるでしょう。

使用しているエンジンは4M42で直列4気筒DOHCを使用し、クラッチ操作でも十分性能がわかります。バイクなどでは直列4気筒もあれば2速発進ができますが、このトラックの場合も積載量が少なければ2速発進や一つ飛ばしのクラッチ変速が可能なので、自由度が非常に高いです。その代わり、乱用するとクラッチやエンジンにも負荷がかかるので耐久度も考えて利用するようにしましょう。

操作性は従来のモデルと同じ程度ですが、サイドミラーを活用しないと十分な安全性が確保できない点に変わりはありません。また、荷台の種類によっては後方確認はほぼ不可能になるので、運用時には十分な注意が必要です。特に坂道発進をする時には後続車両に十分注意して操作する必要があり、人によっては特別な訓練が必要です。燃費は良ければ8km/lを維持できるのであまり損失が出ないように注意して導入するようにしましょう。また、ハンドル操作が少し難しく、硬い印象があるのでカーブする時には十分余裕を持って行えるとよいでしょう。あまり人気はない車種ではありますが、高く売却できる方法はあります。当サイトの売却方法がおすすめです。

 

三菱ふそうキャンターKK-FE73Cの売却買取情報

三菱ふそうキャンター【KK-FE73C】は、年式も比較的新しく2002年から2007年、かなり事業所などでも導入されてきているトラックです。パワーも十分期待でき、軽トラックよりもワングレードアップしたようなスペックを持っています。2WDで市街地を走らせるにはちょうどよいですが、斜面が多い場所ではあまり活用できません。総排気量は3.9L、燃費も平均して8km/l程度と割りと運用には適したモデルです。使用しているエンジンは4D34で、直列4気筒DOHC、5速ミッションと一般的な三菱ふそうキャンターのトラックです。車体は若干大きいため、個人事業よりは中小企業向けのトラックでしょう。

環境性能はどのモデルでも十分考慮されていますが、従来のトラックよりも二酸化炭素や窒素酸化物などの排気ガスを10%近く低減し、環境に悪いカドミウムや水銀のパーツへの使用もせずにいるため、運用していても、車両を廃棄する場合にも環境を汚染するのを防げます。排気ガスを少しでも減らしてくれるエアフィルターなどはそれぞれのモデルで互換性もあるため、同じフィルターを複数の運用しているトラックに使えるのでコストも削減できます。経営上も免税や減税の対象になるため、非常に有益で事業所にはピッタリのトラックと言えます。

操作感はとても安定感があり、ハンドルやクラッチは少し重たいですが、操作ミスや余計な揺れが発生しないため安全性にも期待できます。サイドミラーも後方までかなり見渡せるため、ドライバーにも優しい作りです。ハンドルとウインカーやライトまでが近いので手袋をしたままだとぶつかる可能性もありますが、その分操作は素早くできるので作業中のストレスを軽減できる作りになっています。ブランクのあるドライバーでも操作できるので現場では特に重宝するでしょう。比較的受け口の広いので幅広いドライバーから受けもよく複数台のトラックを抱える比較的大口の配送業者に人気です。三菱ふそうキャンターKK-FE73Cは買取相場価格の変動が激しいですがしっかり見極めて売却しましょう。一番高く売るにはいい方法があるのでしっかり調べてから査定を申し込んで下さい。

 

三菱ふそうキャンターPDG-FE73Dの売却買取情報

PDG-FE73Dは平成16年〜平成21年に製造販売されていたモデルで、3tトラックとして知られている車両です。それまでの三菱ふそうトラックと外観はあまり変わっていませんが、利用される用途が主にごみや廃棄物の運搬、ごみ処理車など働く車として事業所向けに開発されています。フロントブレーキで停まりやすく、後部の荷台のことまで考えられた作りになっているモデルです。この車両は基本的に同じ経路を走行させることが多いため、運用は楽で燃費も8km/lから10km/l程度と十分魅力があります。坂道などは特に下り坂は苦手ですが、ただ走行するだけであれば問題はありません。パワーがあまりにも落ちてしまうような場合には注意が必要です。

ごみ処理車として利用する場合には発電機を共有させることもあるので、それだけ燃費が落ちてしまいます。ある程度運用計画を工夫すると総合的なコストカットが可能です。環境性能も非常によく、CO2やNOxを10%以上低減しているのでごみ処理にも適しています。騒音も少なく、低公害車にも指定されているので運用上の社会的責任も満たせるでしょう。ISO取得をしている事業所での運用も十分可能です。普通免許で運用できるので汎用性も高く、人件費もカットできるでしょう。

操作に関しては荷台が大きため、後方確認がしにくいので作業中には注意しましょう。サイドミラーが主な確認手段になるため、作業者が後方にいるかどうか確認が必要な場合には、作業者にも真後ろは見えないという点を共有しておきましょう。できるだけ2人一組で稼働したほうが効果があり、安全性を維持できます。ハンドルが若干かたいため、あまり座席を近づけると方に負担がかかる上操作性が落ちるのでゆとりを持って操作できるように注意しましょう。運用時間帯によっては登校中の児童がいることも多いので、側方確認だけではなく、助手席からの安全確認も重要です。買取価格を少しでも高くするには、いろいろな方法がありますが当サイトの4つのステップを踏めば確実にキャンターを高く売却することが出来ます。

三菱ふそうキャンターKK-FE73Eの売却買取情報

KK-FE73Eは、三菱ふそうキャンターの事業向け軽トラックで、2002年から2004年頃にリリースされていたモデルです。総排気量は少し大きい5.2Lで4M51直列4気筒DOHCエンジンでパワーも十分期待できます。2WDの車両で、利用用途も幅広く、ごみ処理車や冷蔵冷凍車にも利用されます。寒冷地で使用することもできるため、汎用性も高く、様々な事業所にピッタリです。積載量は4t程度で、燃費も8km/l〜10km/lほど、悪くても5km/lは出してくれるので運用次第では十分コストカットできます。

操作性は従来の三菱ふそうキャンターとおなじ感覚なので買い替えてからも危険少なく運用できます。若干車両は重たい感覚ですが、ハンドル操作はしやすく、クラッチ変換も簡単です。サイドミラーの傾きさえ調整してあれば後方確認もしやすいので安全性もしっかり確保できるでしょう。多くても3人乗りなので、作業者や安全確認者などを一緒に乗せて作業することもできます。どんな現場でも役に立ってくれる車両です。

環境性能が従来通り期待でき、低公害車指定、騒音対策にも優れています。工事現場などでの騒音軽減にも貢献してくれ、作業をより効率化できるでしょう。林業や農業でも導入できるので、大量に資材や土を運搬する場合にも最適なモデルです。二酸化炭素や窒素酸化物の排出もかなり削減されているので非常におすすめです。ISOなど環境規格を持っている事業所でも安心して活用できるので、これからの時代には最適なモデルです。エアフィルターなどは安くインターネットで購入でき、メンテナンスや交換もしやすく運用しやすいモデルです。運用が楽なタイプのメリットのある三菱ふそうキャンター「KK-FE73E」はキャンター売却の買取市場でも人気が高いモデルなのでキャンターKK-FE73Eの売却を検討されている場合は早めに行動に出たほうが吉と出る場合が多いです。

三菱ふそうキャンターKK-FE82Cの売却買取情報

三菱ふそうキャンターの【KK-FE82C】は、かなり最近になって製造されたモデルですが、従来の車両や新しい車両との差はあまりなく、多少のモデルチェンジをしただけのクルマと言えます。2002年から2007年にリリースされていたもので、4D34直列4気筒エンジンを搭載したパワフルなトラックです。総排気量は3.9Lで2WD、一般的な市街地での運用には最適なモデルです。安定した走りをしてくれるので、揺れが気になる荷物を利用する場合でも安心して活用できるでしょう。

パワフルに動いてくれるエンジンで、坂道や上り坂もしっかり運用できます。積載量も4t程度と十分ですが、乗車定員も3名なので、あまり人員も荷物も積み込みすぎると燃費が大幅に低下してしまいます。8km/lは維持できるように積載量を工夫すると運用面でコストカットができるでしょう。環境性能も従来通り十分期待できるので、免税や減税ができ、経営面でも運用面でもコストカットが出来て魅力が大きいです。あまり運用上コストがかかる面がないのでビジネスにとってはおすすめの一台です。

操作性も、環境性能もよく、騒音を減らして低公害車として社会的にも活躍してくれます。一度に運べる量が非常に多いので、その分運用コストは下げられるでしょう。ただし、運搬料が少ない場合には軽トラを選んだほうがよく、運用利益とコストをよく計算して運用するとさらに利益追求できます。キャブ内にはエアコンやラジオも搭載されており、ETCもつけられるので中距離運送にも適しています。荷台を変更すれば雨の中でも長距離運送できるのでオールマイティに活躍してくれるでしょう。その分キャンターKK-FE82C取引されることが多いです。売却を検討するなら妥協せずに価格交渉しましょう。

三菱ふそうキャンター【PDG-FE82D】の売却買取情報

三菱ふそうキャンターの【PDG-FE82D】は、2t・3tの軽トラックで、主に平ボディで使用され、クレーンが取り付けられることも多いです。軽トラックですが、全低床で安定しているので、揺れに弱い荷物を運搬する際にも最適です。年式は2008年頃が多く、今現在原液で利用されている多くのトラックがこうしたモデルに切り替わっていっています。燃費も9km/l〜10km/lと魅力的で、かなりしっかりと運用できるうえ、コストも低いので現場で役立つトラックとしておすすめです。4M50-T5の直列4気筒エンジンを搭載し、2WD、4.9Lの総排気量でパワーは十分で、ぎりぎりの積載量でも運用できます。

このモデルは平ボディだけではなく、クレーンを使って積込するタイプもあり、クルマ一台やバイク一台を積み込むことも可能です。また、大きな木材などを運搬することもできるので主に軽トラであっても運搬に役立つ車両です。そのため、操作感は若干重たく、クラッチ操作などには注意が必要です。ハンドルは重さはあまり無いですが、重たい分周囲確認が遅れたり、繊細な操作がしにくくなるので運転技術が求められます。あまり負荷がかからないような操作をするように心がけるとよいでしょう。

環境面は同様に二酸化炭素や窒素酸化物などを10%低減しており、排気ガスなど環境に悪影響を与える要因をかなり減らしています。また、車両パーツ類に水銀やカドミウムなど公害の原因になる物質を使っていないので、より安全に廃棄できる点でも注目されています。リサイクルしやすいボディも魅力的で、経営上環境に配慮したトラックとしてISO規格の取得や海外企業との競争でも戦えるトラックになっています。中古車は若干価格が下がってきている上、劣化もほとんど無いので買い換えるには最適のモデルです。中古車販売価格の相場が下がってきているので少し高く売却するのは難しいモデルです。ですがほうほうはありますので、当サイトの情報を有効活用してください。

 

 三菱ふそうキャンターの特徴

三菱ふそうキャンターのボディタイプの車種ラインナップは

・標準ボディ(平ボディ)
・ドライバン
・保冷・冷蔵・冷凍バン
・ダブルキャブ
・ダンプ
・クレーン付
・ローダー
・特殊車両等
 
8種類あり全世界の幅広い現場で三菱ふそうキャンターは活躍しています。
三菱ふそうキャンターは山間部や市街地など平坦な道や凸凹の道、アップダウンの激しい道など場所や季節を問わず快適な走行性能を持ち、日本国内で多いゲリラ豪雨や台風による強風等の悪天候時や北国での積雪時などの大変滑りやすい路面や悪路などでも安定して大きな駆動力を発揮することができるのが特徴のトラックです。また、オールマイティーな性能を持つ三菱ふそうキャンターの使い勝手の良さゆえに、日本国内だけでなく海外でも大変人気があり発展途上国を中心として、東南アジアやオーストラリアを初め、ヨーロッパや北アメリカのグリーンランドやアイスランド等寒い地域でも力を最大限発揮できる為大変人気があり多くの国で様々な人に三菱ふそうキャンターは愛用され続けています。特に中東に位置している国で多くの三菱ふそうキャンターを輸出し販売している国は、サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、オマーン、カタール、クウェート、バーレーンが多くを占めています。特にインドネシアでは2009年での三菱ふそうキャンターの卸売台数が約3万台以上となり、小型トラックの中でシェア57.8%という驚異的な数値を示し見事1位となりました。日本国内では現在東日本大震災の復興作業に関連するトラック需要等で更に三菱ふそうキャンターのトラックを必要とする地域で活躍の場が更に増えています。
 
 
三菱ふそうキャンターと三菱ふそうキャンターガッツの違い

三菱ふそうキャンターは2t積みでキャンターガッツは1.5t積みとなりサイズが若干違います。また、三菱ふそうキャンターガッツは一般的な2tショートの小型トラックと見た目はほぼそっくりではありますが、エンジン、ミッション、デフ、タイヤなどパワー面や足回りなどのサイズが小さくPTO(Power Take Off)と呼ばれる停車時にエンジンを利用してクレーンを動かす等の外装機能が未搭載で12V電装など、全体的に一般1.5t積みとしてはライトデューティ仕様の為、購買層はキッチリ分類されています。
特に重いものを運ぶ事がないけどトラックが欲しい方などには三菱ふそうキャンターガッツが人気を博しています。

三菱ふそうキャンターの特徴的なインパネMTシフト
三菱ふそうキャンターのインパネMTシフトは乗る方によっては扱い難いかもれれないです。AT車のインパネシフトは特に問題ないのですが、MT車のインパネシフトはコツ?があったりするので場合によっては腕の力を使う為慣れないうちは痛くなったりする場合があります。また、三菱ふそうキャンターの5MT車のシフトパターンが、現行のライバル車であるISUZUエルフやモデルが一つ前の旧式三菱ふそうキャンターなどは、R速(バック)が左上にありその下にシフトすると1速、右下にシフトすると5速となっているのですが、現行車のキャンターは旧車と違いR速(バック)が左下に変更されており、右側のシフト位置が普通車の5MTのような配置になっているので、三菱ふそうキャンターのシフト位置に慣れてしまっている人は慣れるまで戸惑いがあるかもしれないです。
 
三菱ふそうキャンターの燃費向上に貢献している尿素水とは?

尿素は水と混ぜると吸熱効果が現れる性質がある為、火薬等の爆薬に含まれる硝酸アンモニウムと尿素が含まれた混合物を水の入った袋に入れて衝撃を加えた時に混合物を反応させる事で冷却効果を得る事ができる携帯用の冷却パックとしての用途もありますが、その性質を利用し三菱ふそうキャンターのディーゼルエンジンでは、尿素を水に溶かした尿素水を使う事で現在地球の環境問題でも問題になっている窒素酸化物(NOX)が排出される量を分解する事ができる為現在注目されています。具体的にもう少しわかりやすく説明すると、ディーゼルエンジンを動かす事で発生する発生熱を尿素水で排熱し更に分解し、ディーゼルエンジンから放出されるアンモニアと排気中に含まれる窒素酸化物(NOX)を化学反応させ、水と窒素に還元させる事ができる為
地球にやさしい仕様になっています。更に排熱処理が今までよりも更にスムーズに行うことができるようになった為、燃費向上にも役立っています。

三菱ふそうキャンターの名前の由来は?
三菱ふそうキャンターの名前の由来は、馬術競技で馬を小走りでパカパカ歩かせる動作をCanter(キャンター)というのですがそこから来ています。
その馬術競技の動作の一部であるCanter(キャンター)の由来が、イギリスの南東部のケント州にあるカンタベリーという大聖堂に向かう時の巡礼者の人たちが馬に乗ってゆっくり向かう姿から来ているので、メーカーとしてはゆっくりでも確実に安全に荷物を運べるトラックですという思いが込められているのかもしれないですね。