キャンターKK-FE83Cで一番高い価格で売却できる方法は何だと思いますか???

キャンターKK-FE83Cのトラック買取で売却する為の方法は

  1. ディーラーで見積もり
  2. トラック買取業者に見積もり
  3. オークションで売却
  4. 個人売買
  5. 海外輸送   etc…

色々ありますよね?

でも、本当にキャンターKK-FE83Cをどこよりも高く、一番高い買取価格の査定で売却するにはちょっとしたコツや手順があります。

その方法が・・・

キャンターKK-FE83Cの売却で買取査定価格をどこよりも高く見積もりしてもらう方法

です!!

是非参考にしてみてください!!

 

三菱ふそうキャンターKK-FE83Cの特徴

事業向けや公的機関向けに多く利用されている三菱ふそうキャンターの【KK-FE83C】は、年式2002年から2007年ごろの新しいモデルで、エンジンは4D34を搭載し、わずかながらモデルチェンジされている魅力あふれるトラックです。環境・安全・操作性など総合的な魅力がアップしており、公的機関でも導入できるほど十分な機能を搭載しています。運用しているだけでコストダウンできるのもこのモデルの魅力の一つです。

総排気量は3.9L、直列4気筒エンジンで一般的な三菱ふそうキャンターのトラックですが、燃費は8km/l〜11km/l程度あり、運用には最適です。中距離運送にも適しているので貨物の運搬や引っ越し、商品の仕入や農作業向けにも利用できます。環境面で二酸化炭素や窒素酸化物の排出を10%低減しているので社会的な信頼も得られるでしょう。今後5年から10年位は使用できそうな車両で、中期・長期計画には最適なトラックです。年式によってはエンジンが4D33の総排気量4.2Lのものもありますが、どちらもスペックに大きな差はないです。

操作性の向上はないですが、低下もしていないのでこれまでどおり利用できます。人によってはクラッチ操作するバーが遠く感じるようなので、事前に体に合うかどうか確認してから利用するとよいでしょう。助手席に人が乗るとクラッチ操作がしにくい場合があるので同乗者は注意が必要です。キャブ内には収納スペースが多いですが、A4書類を置く場所が十分あるとはいえないので工夫して利用するとよいでしょう。エアコンやラジオはついており、ETCやカーナビを付けることも可能です。運用目的に合わせてカスタマイズして利用するとよいでしょう。